禁煙する為の知識とコツ

タバコが辞められない理由

  • HOME »
  • タバコが辞められない理由

タバコの煙に含まれるニコチンが麻薬にも負けない程の強烈な依存をもたらします。

これ程の依存性、毒性の強い物質が普通に売っている事自体が問題であるという方もいます。

タバコを吸うと、肺から吸収されたニコチンが超短時間で脳に達します。
そして、脳内にある快楽神経系のニコチン受容体に強烈に作用して、快楽物質であるドパミンを過剰に放出させます。

私達の脳内にある、この快楽神経系は主に薬物依存の仕組に大きく関わっていると考えられています。

普段から多くタバコを吸う人は、このニコチン受容体の数が増えていて、少ないニコチンの量では満足出来なかったり、タバコを辞めた際の禁断症状の度合いと関係しています。

喫煙を続けていると、脳内のニコチン受容体の数は次第に増えて行き、同じ効果を得るためにどんどん摂取量が増えていくといった身体依存性があります。

タバコをやめられないのは意志が弱いからではなく、ある意味、脳の病気にかかってしまっているという事を認識しましょう。

依存症になる人の割合の順番は下記の通りと言われています。

ニコチン > ヘロイン > コカイン > アルコール > カフェイン

依存症になった場合の禁断症状の強さ
アルコール > ヘロイン > ニコチン > コカイン> カフェイン

依存症になった場合のやめることの難しさ
(アルコール = コカイン = ヘロイン = ニコチン)>カフェイン

薬物依存症患者やアルコール依存症患者の更正施設やプログラムがあるように、
喫煙依存者の為、禁煙外来が健康保険保険適用となっています。

2000年 Royal College of Physicians調べ

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 禁煙ガイド All Rights Reserved.