禁煙する為の知識とコツ

喫煙により脳ではどんな事が起こっている?

  • HOME »
  • 喫煙により脳ではどんな事が起こっている?

タバコを吸うと、肺から吸収されたニコチンが超短時間で脳に達します。

そして、脳内にある快楽神経系のニコチン受容体に強烈に作用して、快楽物質であるドパミンを過剰に放出させます。

私達の脳内にある、この快楽神経系は主に薬物依存の仕組に大きく関わっていると考えられています。

普段から多くタバコを吸う人は、このニコチン受容体の数が増えていて、少ないニコチンの量では満足出来なかったり、タバコを辞めた際の禁断症状の度合いと関係しています。

喫煙を続けていると、脳内のニコチン受容体の数は次第に増えて行き、同じ効果を得るためにどんどん摂取量が増えていくといった身体依存性があります。

タバコをやめられないのは意志が弱いからではなく、ある意味、脳の病気にかかってしまっているという事を認識しましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 禁煙ガイド All Rights Reserved.