禁煙する為の知識とコツ

喫煙習慣はダサイ時代になりました。

今から40年程前、日本人成人男性の喫煙率は8割と非常に高いものがありましたが、 その後、世界各国での様々な研究結果により喫煙による深刻な弊害が科学的に証明されるようになりました。

現在でも日本国内の喫煙者の割合は先進国にしては高く、発展途上国並みです。 煙草に課される税金の割合も先進国中の最低水準です。もはや日本は喫煙大国といっても過言ではないでしょう。 これには、現在のJT(日本たばこ産業株式会社) が元国営だった事が大きな理由の1つとしてあります。

世界では喫煙が原因で年間約600万人の方が亡くなり、そのうちの60万人は受動喫煙によるものだと言われています。 WHO(世界保健機関)ではこの傾向がこのまま続けば、21世紀中に喫煙により10億人が死亡することになると警告しています。 このままでは日本はもちろん、人類が滅びてしまいます。

とある国の煙草会社の役員が放った有名な言葉です。
『もちろん”そんなもの”吸わないさ。俺たちはただ売るだけ』
『タバコを吸う権利なんざ、ガキや貧乏人、黒人、それからその他のおバカな方々に謹んでさしあげますよ』

痛烈です。この言葉がどんな意味を持っているかお分かりですね?

煙草の本当の姿、なぜ依存が起こるのか?そのメカニズムさえしっかり理解すれば、禁煙はそれほど難しい事ではありません。
タバコを吸うとストレス解消になる、リラックス出来る、というのはニコチンが生む最大の幻想です。
ニコチンの作用により、ニコチンがないとリラックス出来ない中毒状態にさせられているだけなのです。 (ニコチン中毒状態の飢餓感を喫煙により満たしているだけですが、リラックスした錯覚をしてしまいます)
本来、私達人間の生理的欲求に『喫煙』というものは有りません。タバコを吸わなくてもイライラしたりしないのです。

貴方は病気になるまで煙草を吸い続けますか? 病床で『あの時煙草を辞めていれば』と後悔するのですか?

今こそ勇気を持って煙草を吸い続ける人生をチェンジしましょう!

スポンサードリンク



禁煙は依存のしくみを理解すればそれほど難しい事ではありません。当サイトでは禁煙する為の知識とコツを紹介しています。
PAGETOP
Copyright © 禁煙ガイド All Rights Reserved.